女性

スキンケアで気をつけている事

スキンケアで、気をつけている事はオーガニック化粧品を使う事です。オーガニック農法で作られた天然由来の植物エキスやオーガニックハーブを使って作られた化粧品はビタミン類、カロチノイド、イソフラボン、ポリフェノールなどを高濃度で含みますので、健康で美しい肌になると言われています。肌に望ましくない成分、例えば硝酸や残留除草剤はオーガニック農法で作られたハーブの優位性が認められていることから、肌への害も少ないです。そして、パラベンなどの石油由来の合成保存料ではなく植物由来の保存料やアルコールを使っているためお肌にとても優しいです。香料も合成香料ではなく、エッセンシャルオイルを使っているものを使います。香りもよく、体のホルモンに自然に働きかけてくれるので、お肌のツヤもよくなります。化粧品を天然由来のものに変えたら石油由来のものを手に取れなくなるほどですが、天然由来でも植物によってはアレルギーの反応が出ることもあるので必ずパッチテストをおこない、自分の肌にあっているかを確かめます。週一度のピーリング、パックも植物由来のものでできたものを使っています。自分でハーブをブレンドしてパックや化粧水を作って使うこともあります。たとえ口に入ったとしても害のないものなので、お肌にも安心して使えます。実際にお肌のトラブルも減っています。